ビットコインとは

ビットコインは、数ある仮想通貨の一つです。 円やドルのような紙幣・硬貨がある法定通貨と違って実体を持ちませんが、 「資金決済法」の中でも法定通貨の代わりになる「財産的価値があること」が明記されており、 実際に取引所や交換所を通じて、円やドルと交換できます。取引単位はBTCです。

仮想通貨にはさまざまな種類があり、その数は2,000以上とも言われています。その中でビットコインは最も取引量が多い仮想通貨です。 それもそのはずで、仮想通貨の歴史はビットコインの誕生から始まっているのです。

ビットコインは「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がその考え方を2008年に提唱し、 その論文に興味を持ったプログラマーたちが形にしたことによって生まれました。 2009年にはブロックチェーンの初めのブロックが公開されています。

仮想通貨のうち、ビットコイン以外のものは「アルトコイン」と呼ばれています。

ブロックチェーンのしくみ

ビットコインには「ブロックチェーン」と呼ばれる台帳の仕組みが使われています。 ブロックチェーンは分散型台帳技術であり、ビットコインの取引情報をネットワーク参加者のコンピューターで分散して管理します。

従来のような中央集権的な管理だと、権限が一カ所に集中しているため、サーバーダウンの影響が大きかったり、不正や改ざんが行われたりするリスクがありました。 しかし、管理機関が存在せず、分散して取引情報を見守ることができるブロックチェーンでは、システムダウンのリスクが減り、取引の透明性も高まります。

ビットコインのブロックチェーンでは、およそ10分に一度新しいブロックが生成され、それが鎖(チェーン)のように繋がっていきます。これが「ブロックチェーン」と呼ばれる理由です。

Top