コーポレートガバナンス委員会設置について

1.目的

 当社は、従前よりコンプライアンスを経営の基本方針と定め、その活動に取り組むとともに、コーポレートガバナンスの確立に努めてまいりましたが、令和2年1月23日付で株式会社ダイコーホールディングスグループの子会社となり、成長戦略の推進及びガバナンスの強化のため、新たな経営体制へと刷新し、より一層の強化を図るべく、この度、ステークホルダーの皆様の利益に適切な配慮がなされるよう環境を整備し、法令遵守はもとより、企業倫理に則した透明性の高い、公正な事業活動を推進することを目的として、取締役会が一定の事項について経営判断を行うにあたっての諮問機関として、コーポレートガバナンス委員会を設置することにいたしました。


2.審議事項

 コーポレートガバナンス委員会は、下記の事項を協議するほか、必要に応じ、委員長又は両委員が付議した事項についてこれを協議し、取締役会に対して答申を行います。

(1)社内における、法令諸規則の遵守状況に関する事項
(2)コンプライアンス・プログラムの作成、運用状況に関する事項
(3)リスク管理・コンプライアンスの体制及び関連諸規則の策定に関する事項
(4)エンタープライズリスク管理を含む内部統制に関する事項
(5)リスクアセスメントの策定、実施に関する事項
(6)リスク評価報告書に関する事項



3.構成

 コーポレートガバナンス委員会の委員は、委員会の公平性、客観性を確保するため、独立した社外の有識者により構成されるものとします。
当委員会設置時点における委員は、以下のとおりです。

  委員長 黒澤 基弘(公智法律事務所 弁護士、税理士、弁理士)
  委員  吉野 弦太(のぞみ総合法律事務所 弁護士)
  委員  小倉 親子(小倉親子公認会計士事務所 公認会計士、税理士)



                                               以 上

                                             令和2年3月17日

                                             Bitgate株式会社
                                          代表取締役 邵 柳林


2020-03-17
Top