ビットコイン情報

ビットコイン(販売所)レート

通貨ペア レート(仲値) 前日比
BTC / JPY --- ---
当日高値 ---
当日安値 ---
前日比 ---
騰落率(24h) 準備中
※レート情報はあくまで参考値であり、実際の取引レートと異なる場合がございます。

ビットコイン(BTC)とは

ビットコインは、数ある暗号資産の一つです。 円やドルのような紙幣・硬貨がある法定通貨と違って実体を持ちませんが、 「資金決済法」の中でも法定通貨の代わりになる「財産的価値があること」が明記されており、実際に取引所や交換所を通じて、円やドルと交換できます。取引単位はBTCです。

暗号資産にはさまざまな種類があり、その数は2,000以上とも言われています。その中でビットコインは最も取引量が多い暗号資産です。 それもそのはずで、暗号資産の歴史はビットコインの誕生から始まっているのです。

ビットコインは「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がその考え方を2008年に提唱し、 その論文に興味を持ったプログラマーたちが形にしたことによって生まれました。2009年にはブロックチェーンの初めのブロックが公開されています。

暗号資産のうち、ビットコイン以外のものは「アルトコイン」と呼ばれています。

【金融庁ホームページに記載の留意事項について】
金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧」には以下の留意事項が掲載されています。

本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

≪暗号資産を利用する際の注意点≫
・暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
・暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

 暗号資産交換業者登録一覧はこちら

無料 口座開設はこちらから Top