本人確認書類について

当社でご利用いただける本人確認書類の組み合わせ

現住所が記載されている書類を【A群】から2点

顔写真付きのご本人確認書類

現住所が記載されている書類を【A群】から1点と【B群】から1点の計2点

顔写真付きのご本人確認書類

【A群】の本人確認書類一覧

運転免許証

運転免許証

(裏面も必要)

運転経歴証明書

運転経歴証明

(2012年4月1日以降の発行に限る)

マイナンバーカード

個人番号カード

表面のみ、通知カードは不可

※「カード裏面」および 「通知カード」(写真なし)は本人確認書類として利用できません。

旅券(パスポート)

旅券(パスポート)

(写真および住所のページ(最終ページ))

※2020年2月3日以前に発行されたものに限る

※所持人自署欄の漢字氏名の確認をさせていただきますので、漢字氏名の記載がない場合は、他の本人確認書類をご提示下さい。

住民基本台帳カード

住民基本台帳カード

(顔写真付のもの、裏面も必要)

在留カード

在留カード・特別永住者証明書

(裏面も必要)

特別永住者証明書

特別永住者証明書

(裏面も必要)

※外国国籍の方は必ず在留カードもしくは特別永住者証明書をご提出ください。

健康保険等の被保険者証

健康保険等の被保険者証

(裏面も必要)

※表面に現住所の記載がなく、裏面に住所欄がある場合は、住所欄を自署記入してください。
※「記号」「番号」「保険者番号」の記載は上の図のように、マスキングを施したものをご提出ください。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

(発行から6ヵ月以内のもの)

国民年金手帳

(住所欄に現住所の記載がない場合、原本に現住所を消去できない形で自署記入したものが必要)

住民票の写し

(個人番号・本籍地の記載のないものに限る、発行から6ヵ月以内のもの)

児童扶養手当証書

※すべて氏名・生年月日・現住所記載かつ有効期限内のものに限ります。

【B群】の本人確認書類一覧

公共料金(電気・都市ガス・水道・NHKのいずれか)の領収書

電気料金領収書

※電気料金領収書のイメージ

社会保険料の領収書

国税・地方税の領収書または納税証明書

<注意事項>
【A群】の書類について

・お客さまの「氏名」「生年月日」「現住所」の3点が確認できる書類をお送りください。

・裏面がある本人確認書類につきましては、本人情報の有無にかかわらず裏面もご提出ください。(個人番号カードを除く)

・有効期限のある場合は期限内の日付があるものに限ります。

・写真付き本人確認書類(各種)のコピーは、顔写真部分を塗潰さずにご提出ください。

・「個人番号カードの裏面」および 「通知カード」(写真なし)は本人確認書類として利用できませんので、送付しないでください。

本人確認書類として「個人番号カードの裏面」および「通知カード」を送付された場合は、廃棄いたしますので、あらかじめご了承ください。

※廃棄するにあたり、当社よりお客さまへご連絡はいたしません。

【B群】の書類について

・現住所が記載されているものに限ります。

・「領収日付の押印又は発行年月日」、「氏名」、「現住所」が記載されているもので、

その日が弊社が送付を受ける日の前6ヶ月以内のものに限ります。

・請求書や通知書は受付できません。

【金融庁ホームページに記載の留意事項について】
金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧」には以下の留意事項が掲載されています。

本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

≪暗号資産を利用する際の注意点≫
・暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
・暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

 暗号資産交換業者登録一覧はこちら

無料 口座開設はこちらから Top